第2世代iPhone Xの製造コストは現行モデルよりも10%以上安くなる?

今年発売が見込まれる3種類のiPhoneのうち、現行のiPhone Xの後継機種となる有機EL(OLED)搭載の5.8インチモデルが、一番安価となる可能性が浮上しています。

製造コストが10%以上安くなる

台湾DigiTimesはAppleのサプライチェーンから得た情報から、第2世代iPhone Xと称される5.8インチOLED搭載iPhoneの製造コストが、現行のiPhone Xよりも10%以上安くなるようだと報じています。

これまでの情報によると、今年秋の発売が噂されているのは、現行のiPhone Xの後継版となる5.8インチOLED搭載iPhone X、6.5インチOLED搭載のiPhone X Plus、そして6.1インチTFT液晶ディスプレイ搭載iPhoneの3モデルです。

第2世代iPhone Xが一番安価なモデルになる可能性

これまでは6.1インチ液晶搭載モデルが、他モデルよりも一部機能を減らすことで、一番安価なiPhoneになるといわれてきました。

しかしDigiTimesは、最新のエンジニアリング・サンプルから、5.8インチiPhoneを構成する部品のスペックやメモリ容量が、6.1インチ液晶搭載iPhoneに劣ることがわかったと伝えています。

そのため3種類の次期iPhoneのうち、5.8インチの第2世代iPhone Xの価格が一番安くなる可能性があると、DigiTimesは見ています。

SamsungがOLEDの値下げに応じた?

また第2世代iPhone Xの製造コストが下がるもうひとつの理由として、現行のiPhone Xの需要低迷から、同iPhone向けにOLEDを供給するSamsungへのOLED発注数をAppleが削減、Samsungが次期iPhone向けOLEDの供給契約において値下げに応じたため、と同メディアは説明しています。

関連記事:Apple、3Dセンシング技術でAndroid陣営よりも2年先駆けている      発売間近?新色「ブラッシュゴールド」のiPhone Xが製造中との情報      Apple、今年は低価格版Mac、iPhone、iPad、HomePodを発売か      ブランド iPhoneXケース アイフォン7カバー カード収納 スタンド機能 iphone8 plusケース      ルイヴィトン 耐衝撃 iphoneXケース カード収納 レザー製 iphone8 plusカバー      SUPREME コラボ LV iPhoneXケース カッコイイ iPhone8 plusケース キラキラ

(0)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク